お宮参りする際のスケジュールはどうしたらいい?当日の流れをご紹介!

お宮参りは、赤ちゃんにとって最初のお出かけとなるので、思い出に残るものにしたいですよね。

しかし、実際「お宮参り当日はどのような流れで動けばいいのか分からない」といった方もいると思います。
そこで今回は、お宮参りを検討している方に向けて、当日の流れについてご紹介します。

□お宮参りを検討している方へ!流れをご紹介!

ここでは、お宮参り当日の流れをご紹介します。

まず、ご祈祷の受付をします。
ご祈祷は受付した順番で行われるケースが多いので、予約した時間の10分前には受付をするようにしましょう。
受付の際には初穂料を納める必要がありますので、事前に調べておきましょう。

また、受付の完了後からご祈祷までは時間が空く場合があります。
その際は、写真撮影や休憩をしておきましょう。
特に、ご祈祷中は写真撮影が不可能な場合が多いので、早めに撮っておくと記念写真になります。

その後、ご祈祷の時間になったら本殿に移動します。
祝詞が読み上げられ、20分から30分程度でご祈祷は終了します。
具体的な流れについては、神社によって異なるので参拝する神社のルールに従うようにしましょう。

ご祈祷が終了したら、食事会が行われることもあります。
食事会を行う場所は、自宅やレストランが一般的です。

最後に、ご近所への挨拶を行います。
お世話になっている方に、赤ちゃんをお披露目するという意味もあるので、挨拶をしておきましょう。

□お宮参りで写真を撮りたい!撮る方法をご紹介!

お宮参りは、赤ちゃんが初めて外出するケースが多いので、思い出作りのためにも写真に残したいですよね。
その際、撮影する方法が2つありますのでご紹介します。

*現地で撮影

お宮参りをする神社で撮影する方法です。
上の章で紹介したように、受付とご祈祷の間の空き時間を活用することはもちろん、ご祈祷後にも撮れます。

一方で、神社によっては撮影できない場所もあるので、事前に撮影可能なタイミングや場所を確認しておきましょう。

*スタジオで撮影

スタジオで記念写真を撮る方法です。
様々なパターンや雰囲気の写真を撮れて、前撮りや後撮りも可能です。

□まとめ

お宮参りでは、ご祈祷の受付完了後に実際のご祈祷まで時間が空く場合があります。
その際は、写真撮影を行っておきましょう。
神社によってルールは異なりますが、このタイミングで写真を撮っておくと記念になります。
ぜひ素敵なお宮参りにしてくださいね。

当社着物レンタルRETOROでは、お宮参りの際に着る祝い着の3泊4日宅配レンタルを行っております。



オリジナルデザインで可愛いお宮参り着物をご用意しております。

投稿者プロフィール

hanako
hanako着物コンサルタント
着物デザイナー兼和装コンサルタント/フォトグラファーから着物デザイナーへ転身。パリコレ着物ショー等の経験を経て現在は着物デザイン制作をしながら、写真館立ち上げや異業種からの和装事業参入時の和装関連全般のコンサル等を行っております。

令和のNEW着物ブランド 『いちは』

いちはのおすすめ七五三7歳着物
令和のNEW着物ブランド 『いちは』は写真館用に作られてるお着物なので、とってもおしゃれ!品質の高さは勿論、伝統文化を大切にしながらも現代的なアレンジで着る人らしさを引き出す着物。メインデザイナーとスタイリストは2名ともパリコレ経験者で、細部にまでこだわった丁寧な作りが特徴。一般販売も無く、希少性も高い魅惑のお着物は一見の価値あり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です