振袖の選び方

・振袖レンタルと購入どちらが良いか

日本の伝統的な衣装の一つである振袖は、成人式や卒業式などの特別なイベントに着用されます。振袖を着用することで、日本文化に触れることができるだけでなく、特別な日をより一層華やかに演出することができます。しかし、振袖を選ぶ際には、レンタルと購入どちらが良いか迷うことがあるかもしれません。以下では、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。
 まず、振袖のレンタルには、コストパフォーマンスが高いというメリットがあります。購入する場合は、振袖だけでなく、帯や小物類、下着など、様々なアイテムを揃える必要があります。一方、レンタルの場合は、一式が揃っているので、必要なものをすべてそろえる必要がありません。また、レンタルの場合は、清潔で美しい状態の振袖を選ぶことができます。さらに、レンタルの場合は、専門のスタッフが着付けやヘアメイクを担当してくれるので、初めて振袖を着る人でも安心して着ることができます。
 一方、振袖を購入する場合には、自分だけのオリジナル振袖を手に入れることができるというメリットがあります。購入する場合は、自分が好きな柄や色、デザインの振袖を選ぶことができます。また、振袖を購入する場合は、着る機会が何度かある場合には、レンタルよりもコストパフォーマンスが良い場合があります。さらに、自分で振袖を保管しておくことができるので、いつでも着ることができます。
 レンタルと購入どちらが良いかは、個人のニーズによって異なります。一度しか着用しない場合は、レンタルがおすすめです。しかし、何度か着る機会がある場合には、購入する方がコストパフォーマンスが良い場合もあります。また、自分だけのオリジナル振袖を手に入れたい場合には、購入を検討することをおすすめします。

・絵羽振袖と、総柄振袖の違い

振袖は、成人式や結婚式などの特別な行事に着用される伝統的な和服の一種であり、一生に一度の大切なイベントにふさわしい美しい装いとされています。振袖を選ぶ際には、絵羽振袖と総柄振袖の違いを理解することが重要です。
 絵羽振袖は、着物の背中に飛び立つ鳥の羽のような模様が入った振袖で、大人っぽく上品な印象を与えます。一方、総柄振袖は、全体的に柄が入っている振袖で、鮮やかな色合いや華やかなデザインが特徴的です。総柄振袖は、若々しく明るい印象を与えます。
 どちらの振袖を選ぶかは、個人の好みや年齢、行事の性格などによって異なります。成人式などのフォーマルな行事には、絵羽振袖が適しています。一方、結婚式などの華やかなイベントには、総柄振袖がよく似合います。また、若い女性には総柄振袖が人気がありますが、年配の女性には絵羽振袖が選ばれることが多いです。
 振袖を選ぶ際には、自分に合った色や柄、サイズなどを考慮することも重要です。振袖は、体型に合わせて仕立てられることが一般的ですが、特に小柄な方は、着丈が長くなってしまうことがあるので、試着をして調整することが必要です。また、成人式や結婚式などのイベントでは、同じ振袖を着用する人が多くいることがあるため、ある程度早めに振袖を選び、予約することが望ましいです。

・絵羽と総柄振袖の格の違い

日本の伝統的な衣装である振袖は、成人式や卒業式などの特別な行事に着用されることが多く、その中でも特に格式の高いものとして、絵羽と総柄振袖が挙げられます。
 絵羽は、古くから貴族や武士などの上流階級が着用していた、格調高い振袖の一種です。絵羽の特徴は、上品で洗練された色使いや、繊細な刺繍や柄物、また、袖や裾などに散りばめられた金銀糸の装飾などが挙げられます。さらに、絵羽には花鳥風月や雅楽など、日本の伝統文化を表現した柄が使われることが多く、その美しさや格調高さから、特別な行事にふさわしい振袖とされています。
 一方、総柄振袖は、絵羽に比べると、より華やかで豪華な印象を持ちます。総柄振袖は、全体に柄物が敷き詰められているため、その存在感や色彩の美しさが際立ちます。また、総柄振袖には、植物や動物、風景など、自然をモチーフにした柄が多く使われることがあります。総柄振袖は、成人式や卒業式などの特別な行事にふさわしいとされていますが、絵羽ほどの格式はありません。
 結論としては、絵羽と総柄振袖は、どちらも格式の高い振袖とされていますが、絵羽は上品で洗練された印象を持ち、総柄振袖は豪華で華やかな印象を持っています。振袖の種類によって、着用する場面やイメージが異なるため、自分自身の好みや、着用する場面に合わせて選ぶことが重要です。

・絵羽と総柄それぞれの振袖購入の場合の平均価格

振袖は、日本の伝統的な女性の着物であり、成人式や結婚式などの正式な場で着用されることが一般的です。振袖には、絵羽振袖と総柄振袖の2種類があります。
 絵羽振袖は、衿や袖口、裾に刺繍や切り込みが入った上品なデザインが特徴で、総柄振袖は、全体に柄が描かれた華やかなデザインが特徴です。
 一般的に、振袖は高価な衣服とされています。絵羽振袖の平均価格は30万円程度から、総柄振袖の平均価格は20万円程度からと言われています。ただし、ブランドやデザイン、素材などによって価格は異なります。
 また、振袖は購入するだけでなく、レンタルすることもできます。レンタルの場合、絵羽振袖でも10万円程度、総柄振袖でも5万円程度で借りることができます。
 振袖は、日本の伝統的な文化であり、価格が高いこともあって、多くの人にとっては特別な機会にしか着用することができません。しかし、その美しさや華やかさから、多くの女性たちの憧れの着物として愛されています。

・絵羽の見分け方

 絵羽振袖は、成人式や結婚式などのフォーマルな場で着用される振袖の一種で、袖口に織り込まれた羽のような装飾が特徴です。見分け方は以下の通りです。

1.袖口のデザイン:絵羽振袖は袖口に羽のようなデザインが織り込まれています。羽の形や色合いは様々で、花や鳥、風景などのモチーフが描かれることもあります。

2.柄の種類:絵羽振袖の柄は、大きく分けて「小紋柄」と「友禅染め」があります。小紋柄は、小さな模様が全体に散りばめられている柄で、友禅染めは、一枚一枚丁寧に染め上げられた美しい柄が特徴です。

3.絞りや刺繍:絵羽振袖には、絞りや刺繍が施されたものもあります。絞りは、布を折り畳んで縫い合わせ、柄をつくり出す技法で、刺繍は、糸を使って模様を刺し込む技法です。これらの技法が使われている絵羽振袖は、より高級感があります。

4.色:絵羽振袖の色は、白や赤、紫などの深みのある色合いが一般的です。また、金や銀の箔が使われたものもあり、豪華な印象を与えます。以上の特徴を確認することで、絵羽振袖を見分けることができます。

振袖の選び方まとめ

 振袖は、一生に一度の特別な行事にふさわしい、美しい和装です。絵羽振袖と総柄振袖の違いを理解し、自分にぴったりの振袖を選ぶことが、素晴らしい思い出に残る成人式や結婚式を演出する鍵となります。

おしゃれで個性的な振袖なら

 振袖は、昔から普遍的な吉祥文様の古典柄が多い中、近年モード系やゴシック系など様々な振袖も出てきております。
おすすめなのが着物ブランドICHIHA公式のショップレトロ
オリジナル振袖が豊富なレンタルサイトでは洋花の水彩画タッチの振袖や国産レースに拘った総レース振袖のレンタル叶う。誰とも被りたくないおしゃれ女子におすすめの振袖レンタル!ICHIHAのスパンコールレースの白い振袖などもおすすめです。

スパンコールとレースのお振袖

投稿者プロフィール

hanako
hanako着物コンサルタント
着物デザイナー兼和装コンサルタント/フォトグラファーから着物デザイナーへ転身。パリコレ着物ショー等の経験を経て現在は着物デザイン制作をしながら、写真館立ち上げや異業種からの和装事業参入時の和装関連全般のコンサル等を行っております。

令和のNEW着物ブランド 『いちは』

いちはのおすすめ七五三7歳着物
令和のNEW着物ブランド 『いちは』は写真館用に作られてるお着物なので、とってもおしゃれ!品質の高さは勿論、伝統文化を大切にしながらも現代的なアレンジで着る人らしさを引き出す着物。メインデザイナーとスタイリストは2名ともパリコレ経験者で、細部にまでこだわった丁寧な作りが特徴。一般販売も無く、希少性も高い魅惑のお着物は一見の価値あり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です