親族の結婚式は訪問着を着ていい?!

親族の結婚式に参加する人で、服装がわからないと感じている人は多くいらっしゃいます。
大切な親族の結婚式で、マナーを守った服装で一生に一度の親族の門出を祝うため、本記事では結婚式に適した訪問着の柄と色、結婚式で訪問着を着る時の注意点を紹介します。

□結婚式に適した親族の訪問着とは

親族の方が結婚式で着物を着る際には、結婚式に参加する方の立場で適切な着物が変わってきます。
具体的には、新郎新婦の母親は黒留袖、親族は色留袖か訪問着、ゲストの立場では振袖や訪問着を着るのが適切です。
親族の立場で結婚式に出席する場合には、参加者を迎える立場であるため、着物はできるだけ格式の高いものを選んで着るのがベスト。

親族の方で、訪問着を選ぶ場合にはなるべく紋が入ったものを選びましょう。
訪問着は結婚式以外にも様々な場面で着られるため、紋が入っていない場合が多いのですが、その中でも紋が入ったものは格が高くなります。
結婚式での親族の立場では、格式の高い紋の入った訪問着の方が紋の入っていないものよりも適切です。

新郎新婦の兄弟や姉妹、祖父や祖母などの親族の立場として結婚式に参加する場合には、できる限り落ち着いた色で、縁起の良い柄が描かれた訪問着を切るのがベストです。

また、結婚式の訪問着には「織りの袋帯」を合わせましょう。
織りの袋帯は結婚式などの格式の高い場面に合わせられる万能な帯。
袋帯はフォーマルな帯とされ、織り帯が一般的です。

家紋入りの訪問着の場合には、箔をふんだんに織り込んだものや、吉祥模様などの重厚な袋帯が高級感があり主に礼装用となります。

□親族でも結婚式ではここに注意

親族の方で訪問着を着る際には以下の点に注意しましょう。

*黒系統の色は避ける

親族の方で訪問着を着る場合には、できるだけ黒系統の色を着ないよう注意しましょう。
新郎新婦の母親が着る黒留袖の色が黒色であるため、親族の方が黒系統のものを着てしまうと、参加者の方が新郎新婦の母親が誰かわからなくなり、見間違えられてしまう可能性があります。
当日に余計な苦労をしないようにするため、なるべく黒に近い色を避けるようにしましょう。

*新婦より目立つ色や柄にしないよう注意する

参加者の方は、新婦より目立つものを選ばないように注意する必要があります。
特に、特徴的な柄のものを選ぶ方は、花嫁の方より目立たないように注意しましょう。
心配な方はできる限り穏やかな色で、落ち着いた柄のものを選ぶことをおすすめします。

また、色に関しても注意が必要です。
結婚式のメインはあくまで新郎新婦の方です。
新婦の方と同色の着物を選び、被ってしまうことはできるだけ避けましょう。
事前に新婦の方に確認することで安心して選べます。

□まとめ

本記事では、結婚式に適した訪問着とその際の注意点について紹介しました。
親族の方は格式の高い紋の入った訪問着を装うようにしましょう。
また、その際には花嫁の方より目立つ色や柄、花嫁の方と被った色にするのは避けるようにしましょう。
当社ではシーンにあった着物を提供しております。
結婚式で訪問着を着用しようとお考えの方はお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です