七五三での親の服装のNGとは?避けるべきアイテムと合わせたいアイテムをご紹介

七五三は、お子様の成長を祝う大切な行事です。
この日を迎えるにあたって、親御さんの服装も非常に重要です。
お子様の記念日を特別なものにするため、適切な服装選びは欠かせません。

この記事では、七五三における親の服装選びのポイントと、避けるべきNGポイントについてご紹介します。

□七五三の親の服装選びで避けるべきNGポイント

七五三の際、親御さんの服装選びには特に注意が必要です。
七五三においては、フォーマルな場にふさわしい装いが適しています。
ここでは、ふさわしくない服装例をご紹介します。

*七五三でふさわしくない服装

七五三でボトムスについて、多くの方が失敗に感じるのが、短いスカートです。
座ったりかがんだりする動作が多いため、膝が隠れる丈のスカートが最適といえます。
事前に丈を確認しましょう。

丈が適していても、カジュアルすぎるジーンズは、神聖な儀式である七五三には不向きです。
そのため、フォーマルな服装を心がけましょう。

また、トップスにも注意が必要です。
季節に合わせて、ノースリーブにはジャケットやカーディガンを羽織ることをおすすめします。

他にも襟のあいた服装のように露出があるものも注意が必要です。
首回りが開いている服装は避け、下着が見えないか事前にチェックしましょう。

*避けたい履物や小物

七五三では履くものにも気を付けましょう。
ピンヒールは、神社の砂利道では歩きにくく、ヒールが傷むこともあります。
そしてサンダル、スニーカー、オープントゥパンプスのようなカジュアルなものは神社でのお参りには不向きです。
履き慣れた太めのローヒールが適切です。

また、派手なアクセサリーも避けましょう。
七五三ではパールのような上品なアクセサリーが適しています。
派手なものは避けましょう。

□七五三の親の服装を彩る、適切な小物選び

七五三では、小物選びも大切です。
適切なアクセサリー、バッグ、靴を選ぶことで、全体の印象がぐっと引き締まります。
ここでは適した小物の選び方をご紹介します。

*アクセサリーとバッグの選び方

1:アクセサリー

アクセサリーをスーツと合わせる場合には、シンプルであること、上品であることが求められます。
そのため、パールのネックレスやイヤリングがおすすめですよ。
顔まわりを華やかにし、フォーマルな装いに合わせやすいです。

2:バッグ

バッグにはフォーマルさと必要に応じた内容量が求められます。
トラペジウム型やスクエア型のバッグが好ましいです。
ショルダーベルト付きで両手が使えるものが便利ですよ。

□まとめ

七五三における親の服装選びは、子どもの特別な日をより良いものにするために重要です。
NGポイントを避け、適切な小物を選ぶことで、フォーマルかつ快適な装いを実現しましょう。
これらのポイントを押さえて、家族での素敵な記念日をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です