七五三で輝くママのための服装選び!気を付けたいポイントとコーディネート例

子どもの大切な節目として、七五三があります。
母親にとっても、子どもの晴れ姿を引き立てながら、自身も上品かつ華やかに見せたい特別な日です。

しかし、どのように服装を選べばよいか悩む方は少なくありません。
子どもが主役のこの日にふさわしい母親の装いについて、正しい選び方やコーディネートのポイントをご紹介します。

□七五三の日に映える、ママのためのファッションガイド

七五三は神社で行うお祝い行事です。
母親の服装は、上品かつ華やかであることが望ましいです。
重要なのは、主役はあくまで子どもであるという点。
子どもの晴れ着を引き立てる服装が理想です。

*洋装・和装、どちらもOK

洋装を選ぶ際は、ベーシックカラーのスーツやセットアップ、ワンピースがおすすめです。
アクセサリーで華やかさをプラスしましょう。
和装の場合、訪問着や付け下げが適しています。
子どもの着物とのバランスを考え、落ち着いた色合いを選ぶのがポイントです。

*セミフォーマルファッションが基本

スーツやワンピースだけでなく、ブラウスやプルオーバーにパンツやスカートの組み合わせも人気です。
説明会や卒入園式など、他のフォーマル行事にも着回せるアイテムがおすすめです。

上品さが求められるため、露出の多い服装は控えましょう。
短いスカートやショートパンツ、キャミソールのような肌の露出が多い服は適していません。

□七五三でのママの服装は?コーディネート例をご紹介

具体的なコーディネート例を通して、七五三での母親の装いのアイディアをご紹介します。
これらのスタイルは七五三だけでなく、普段使いにも適しています。

*おすすめのコーディネート例

1:ネイビーストライプスーツ×ブラウス

ネイビーのスーツにシャドーストライプを合わせたスタイルは、上品で子供の衣装とも合わせやすいです。
ジャケットはテーラード、ボトムスはスカートでエレガントさを演出できます。

2:チャコールグレー×青シャツ

ダークトーンのスーツに明るいブルーのシャツを合わせることで、華やかさをプラスするのも良いです。
フリルデザインが特別な日のムードを高めます。

3:ライトグレーのチェック柄スーツ×ブラウス

カジュアル感のあるチェック柄スーツは、特別な時間を家族で楽しみたい方にオススメです。
優しい色調で子どもを引き立てます。

□まとめ

七五三におけるママの服装選びは、子どもを引き立てつつ自分も上品に見せることが大切です。
洋装も和装も、その日のコンセプトや季節に合わせて選ぶのがポイント。

また、セミフォーマルな服装が基本で、露出の多い服は避けることが重要です。
実際のコーディネート例を参考に、七五三だけでなく他のシーンでも活用できるスタイリングを楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です