宮参りのスタイルを格上げ!子供の服装の選び方をご紹介

お宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を願い、家族の絆を祝う大切な行事です。
この特別な日に、赤ちゃんとご家族がどのような服装を選ぶべきかは、多くの親御さんが気になるところです。
伝統と現代性を融合させた子供の服装選びは、ともすれば難しい課題に思えます。

この記事では、宮参り服装に関しての基本情報とお子様の服装選びのポイントをご紹介します。

□宮参りの服装マナー!基本的な考え方

お宮参りでは、一般にフォーマルな服装でおこなうことがマナーとされます。
ここでは伝統を重んじながらも、現代的な要素を取り入れた服装の選び方について考えてみましょう。

*お宮参における服装のポイント

1:カジュアルすぎる服装は避ける

お宮参りは、神様への感謝と祈りの場です。
ジーンズやTシャツ、スウェットなどのカジュアルな服装は控え、フォーマルなスタイルを心がけましょう。
親戚や友人が集まる場でもあるので、礼節を表す服装を選ぶことが肝心です。

2:赤ちゃんの服装をベースに

主役は赤ちゃんです。
その衣装を基準に、ご家族は赤ちゃんとのバランスを考えながら服装を選びます。
赤ちゃんが洋装なら、ご家族も洋装で統一感を出し、和装の場合はその格に合わせることが重要です。

3:季節や天候に配慮

赤ちゃんの体調を第一に考え、季節や天候に合った服装を選びましょう。
また、産後のママや高齢の祖父母も、体調に配慮した服装を心がけることが大切です。

□子供の服装選び!どんな服装がある?

赤ちゃんのお宮参りの服装には、伝統的な白羽二重の着物から現代的なベビードレスまで、さまざまな選択肢があります。
ここでは赤ちゃんの服装例をご紹介します。

*白羽二重の着物と祝い着

男の子には「熨斗目模様」、女の子には「友禅模様」の祝い着が一般的です。
男の子の祝い着は黒や紫といった色合いに兜や鷹といった柄、一方女の子の祝い着は、赤やピンクの色合いに、手毬や花などの柄が人気です。
伝統的な着物のスタイルは、お宮参りの厳かな雰囲気にふさわしい選択です。

*ベビードレスと祝い着の組み合わせ

最近のトレンドは、ベビードレスに祝い着を組み合わせるスタイルですよ。
このアレンジは、伝統と現代の融合を象徴しています。
赤ちゃんが退院時に着たベビードレスに、祝い着を合わせるのが一例です。

□まとめ

お宮参りの服装選びは、赤ちゃんと家族の大切な一日を彩る要素です。
伝統的なマナーを重んじつつ、現代的な要素を取り入れることで、お宮参りはより特別なものになります。

主役の赤ちゃんに合わせた服装で、この神聖な日を家族で共有し、記憶に残る一日を過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です