卒業袴の選び方と着こなしのコツ!タブーを避けて華やかな一日を

卒業式という特別な日は、袴を着用することで、この日を美しく彩れます。
しかし、袴選びや着方には、知っておくべき基本とタブーが存在します。
この記事では、袴の選び方から着付けのポイント、当日のマナーまでをご紹介し、読者の皆さんが自信を持って袴を選び、卒業式を華やかに過ごすためのサポートをします。

□卒業袴でのタブーとは?選び方と基本エチケット

袴は日常的に着用するものではないため、基本情報も知らないことも多いです。
ここでは袴について基本情報や選ぶ際のコツをご紹介します。

*袴について

1:袴の基本と種類の理解

袴は着物や振袖の上に着る伝統的な衣装です。
主に「馬乗袴」と「行燈袴」の二つのタイプがあり、前者は男性、後者は女性に人気です。
特に行燈袴は、その色彩豊かな柄が魅力です。
袴選びでは、自分の身長や体型に合ったサイズを選ぶことが重要です。

2:色彩と柄の選定のコツ

袴の色や柄の選び方は、個性を表現する大きな要素です。
明るい色や大柄は華やかさを演出しますが、大切なのは全体のバランスといえます。
また、式典の雰囲気に合わせた落ち着いた色選びも重要です。

3:袴の着付けとタブーへの注意

袴の着付けは、一見複雑に思えますが、基本を押さえれば自分で行うことも可能です。
しかし、着付けの際のタブーとして、着物の裾が袴から見えないようにする、帯と袴のバランスを考慮するなどのポイントがあります。
また、着付けは専門家に依頼することも一つの手段です。

4:コーディネートの重要性とタブー

袴のコーディネートには、小物選びが欠かせません。
和装アクセサリーや草履の選び方も、袴との相性を考慮することが大切です。
また、ドレスコードに適合しているかの確認も忘れずに行いましょう。

□卒業式当日の袴着用マナー

袴を着用する場合、その時々の場面や行動においてマナーが存在します。
ここでは卒業式でのタブーとなることと行動マナーをご紹介します

*袴を着用する際のマナー

1:卒業式のタブーと配慮

卒業式では、袴や着物の色や柄の選び方に注意が必要です。
派手過ぎる色や柄は避け、周囲への配慮を忘れずにおこないましょう。
また、着付けやヘアスタイルの乱れがないようにチェックしましょう。

2:袴着用時の行動マナー

袴を着用すると、歩き方や立ち振る舞いにも注意が必要です。
裾が引っかからないように小さなステップで歩き、動作はゆっくりと慎重に行うことが大切です。
また、体調管理にも配慮し、十分な水分補給と休憩を心掛けましょう。

□まとめ

袴の選び方から着付け、当日のマナーまで、紹介したポイントに注意を払うことで、卒業式をより特別なものにできます。
袴は個性を表現する絶好の機会です。
この記事でのポイントを押さえて、袴での美しい卒業式を迎えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です