卒業袴のサイズ選びと着こなしの秘訣!あなたにぴったりの一着のためのガイド

卒業式のような特別なイベントは、人生の大切な節目です。
そんな記念すべき日に袴を着る予定の皆さん、袴選びにお困りではありませんか。
自分に合ったサイズの袴を見つけることは、美しく快適に過ごすために不可欠です。
この記事では、袴のサイズ選びの基本知識、採寸方法、そして着こなしのコツをご紹介します。

□卒業袴の基本と正確な採寸方法

袴を選ぶ際、最も大切なのは正しい採寸方法を知ることです。
ここでは、袴の主要な採寸場所と採寸方法をご紹介します。

*主要な採寸項目

1:裄丈の採寸

裄丈は腕の長さのことをいいます。
測定は腕を斜め45度に広げ、首のつけ根から肩を通し、手首までの長さを測ります。
例えば、小学生や中学生でも裄丈が64cm以上なら大人用が着用可能です。

2:袴丈の採寸

袴丈は、袴のひだが始まる部分から裾までの長さです。
アンダーバストから約5cm下を起点に測ります。
袴丈は、草履を履くかブーツを履くかで異なるため、注意が必要です。

3:ヒップサイズの採寸

おしりが一番突き出ている部分を測ります。
これにより、袴が身体にぴったり合うかが分かります。
例えば、ヒップサイズが異なれば、同じ身長の人でもサイズ選びが変わってきます。
また、こちらも草履かブーツかによってサイズが変化します。

*袴サイズ選びの例

草履を履く場合とブーツを履く場合では、袴のサイズが異なります。
草履の場合はくるぶしまでの長めの袴丈、ブーツの場合はくるぶし上3cmでおさまる短めの袴丈が理想的です。
近年はブーツに長めの袴を着用する方も増えています。

□袴サイズのチェックポイントと着こなしのコツ

理想的な袴の着こなしを実現するためには、サイズチェックが欠かせません。
ここでは、適切な袴サイズを見極めるためのポイントと、美しい着こなしのコツをご紹介します。

1:袴の丈

袴の丈は足首が隠れない程度に調整するのが基本です。
足首全体が見えない丈では、裸足で歩くときには、裾が床に付いてしまうことになり、不格好な印象や転倒や着崩れのリスクが生じます。
足首までの長さを正確に測り、適切な丈を選びましょう。

2:シルエットのチェック

袴のボリュームとシルエットは和装全体の見栄えに影響します。
不自然な広がりや台形のシルエットになっていないかを確認し、すっきりとした印象を意識しましょう。
袴のサイズが適している場合、胸元から足元のラインがまっすぐになります。

□まとめ

袴のサイズを選ぶ際には、裄丈、袴丈、ヒップサイズの正確な採寸が重要です。
特に、草履とブーツを履く際の袴丈の違いを理解し、自分に合った丈を選びましょう。
また、袴の着こなしでは、丈の長さとシルエットのすっきり感が鍵です。
適切なサイズの袴を選び、快適で美しい着こなしを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です