早生まれの子供の七五三!正しい祝い方について解説します!

子供の成長は親にとって何よりも大切なものです。
特に、日本の伝統的な行事である七五三は、その成長を祝う重要な節目です。

しかし、早生まれの子供を持つ親にとって、この七五三で頭を悩ませるのが「数え年と満年齢、どちらで祝うべきか」という問題ではないでしょうか。
さらに、近年では学年を基準にした祝い方も増えてきており、選択肢が多いです。
今回は、それぞれの選択肢のメリット、デメリットを詳しく解説し、早生まれの子供の七五三をどのように祝うべきかの疑問に答えます。

□七五三の早生まれはいつ祝うのか

七五三は、歴史的には数え年で行われることが一般的でしたが、現代では満年齢で祝う家庭が増えています。
数え年は、生まれた瞬間から1歳とされ、毎年1月1日に1歳ずつ加算されます。

一方で、満年齢は生まれたときを0歳とし、誕生日ごとに1歳ずつ加算される方式です。
お子さんが早生まれの場合、数え年と満年齢のどちらを基準にすべきか悩んでしまいますよね。

近年では、学年を基準にした祝い方も一般的です。
早生まれのお子さんも同学年の子供と同じ年に七五三を祝え、学校生活での一体感を保つという観点からも注目されています。
早生まれのお子さんの場合、数え年と満年齢のどちらで祝うかは一概には言えませんが、学年を基準にすることで、同学年の子供と同じタイミングで祝うことができます。

また、最終的には、親の意志や家庭の状況、さらには地域や親戚との関係によっても、どの年齢で祝うかが決まることが多いです。
どの年齢で祝うにせよ、お子さんにとって最も適した方法を選ぶことが大切です。

□七五三の正式な参拝日とは

七五三の正式な日は11月15日とされていますが、この日に限定されるわけではありません。
多くのご家庭では、10月から12月の週末に参拝するのが一般的です。
また、11月15日前後は神社が混雑するため、その時期を避けて参拝することも一つの選択肢です。
混雑を避けるためには、平日や早朝、または遅い時間帯を狙うのもおすすめですよ。

また、大安の日や特定の吉日を選ぶ家庭も少なくありません。
縁起の良い日を選ぶのは、日本の伝統的な考え方に基づいており、特に祖父母など年配のご家族が重視するケースが多いです。
ご家族皆さんで話し合い、最適な参詣日を決めてみてください。

□まとめ

早生まれのお子さんは特に、数え年と満年齢のどちらで七五三を祝えば良いのか、悩んでしまいますよね。
現代では、七五三を祝う年齢に厳格な決まりはないため、ご家族の希望を調整して、選んでみるのがおすすめです。
また、参詣日も混雑状況や吉日を考慮して決めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です