訪問着を美しく着こなすために!かんざしを選ぶ際に気を付けたいマナーを解説します!

和装の美しさは、その着物だけでなく、髪飾りやかんざし、ヘアスタイルにも表れます。
特に、訪問着を着る際には、かんざしをうまく使いこなすことで、より一層美しい印象になりますよ。
訪問着は、未婚、既婚を問わず、多くの人が着用することができる着物であり、その場の格式や状況に応じて適切な選び方をすることが、和装の美しさを最大限に引き出す鍵です。
今回は、訪問着を着る際の髪飾りやかんざしの選び方、そしてヘアスタイルのマナーについて解説します。

□訪問着の基本知識

訪問着は、未婚・既婚を問わず、多くの人が着用できる着物です。
結婚式での友人や親戚、卒園式や入学式での保護者の衣装として、のように、多様なシチュエーションでその美しさが発揮されます。
特に、結婚式では招待された友人や親戚が着用することが多く、用途に合わせてさまざまな訪問着がありますよ。

訪問着の色や柄の選び方は、その場の格式や状況によって変わります。
華美すぎるものは避け、古典柄や吉祥文様など、縁起の良いデザインがおすすめです。
特に、フォーマルなイベントでは落ち着いた色合いと格式の高いデザインが求められますよ。

訪問着は多様な場で着用できるため、そのシチュエーションに応じて選ぶことが大切です。
例えば、結婚式では華やかなものを、ビジネスの場では控えめなものを選ぶと良いでしょう。
その他、正式なお茶会や同窓会でも、場に合わせた訪問着の選び方が必要です。

□訪問着とかんざしのマナー

訪問着を着る際には、訪問着ならではの格の高さに合った髪飾りやかんざしを選ぶことがマナーです。
カジュアルな丸玉のかんざしや、大きな造花の髪飾りは避けましょう。
訪問着の格式に合わないため、その美しさを損ねる可能性があります。

また、訪問着を着る場では、お辞儀をする機会が多いです。
そのため、簡単に抜けてしまうような髪飾りは避けるのがおすすめです。
お辞儀をする際に髪飾りが抜けてしまうと、恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

結婚式や七五三のように、主役がいる行事で訪問着を着る場合は、主役を引き立てられるように、控えめな髪飾りを選びましょう。
主役を引き立てることが、自分自身も美しく見せるコツです。
特に結婚式では、花嫁が主役であるため、白い花の髪飾りやティアラのようなものは避けるのがおすすめです。

□まとめ

訪問着を美しく着こなすためには、着物だけでなく、髪飾りやかんざし、ヘアスタイルにも注意が必要です。
その場の格式や状況に応じて適切な選び方をすることが、和装の美しさを最大限に引き出す鍵ですよ。
また、お辞儀や主役とのバランス、場の雰囲気との調和も考慮する必要があります。
ポイントを押さえて、素敵な訪問着の着こなしを楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です