「七五三の本当の意味」!歴史的背景と各年齢での祝いの意味を解説します

七五三は、日本の伝統的な行事であり、子供の成長を祝う重要な節目です。
平安時代から続くこの儀式は、現代では華やかなお祝いとして広く知られていますが、その背後には深い歴史と文化が息づいています。
特に、医療が未発達だった過去においては、子供が無事に成長することは親にとって何よりもの願いでした。
今回は、七五三の真の意味とその由来、さらには各年齢での特別な意味について解説します。

□七五三の本当の意味と背景

七五三は、平安時代に起源を持つ日本の伝統的な儀式です。
この時代、子供の成長と健康を祈るために、神社や寺で特別な儀式が行われ、乳幼児の死亡率が高かった当時、子供が無事に成長することは親にとって切実な願いでした。
「七歳までは神のうち」ともいわれ、子供が無事に成長することに感謝と祈りが込められていたのです。

現代では、七五三は主にお祝いのイベントとして認識されています。
晴れ着を着せて記念撮影をし、華やかな雰囲気が漂います。

しかし、その背後には親の「子供に元気に育ってほしい」という普遍的な願いが根底にありますよね。
時代が変わっても、子どもの健やかな成長を願う親心は変わらず、今日でも多くの家庭で七五三が大切にされています。

□七五三の各年齢での意味

子供の成長を祝い、感謝する七五三ですが、お祝いする各年齢で異なる意味が込められています。

*3歳

3歳で行われる「髪置」は、男女ともに健康な髪が生えるようにとの願いが込められています。
平安時代には、髪を剃ることで病気を防ぐとされていました。
この儀式では、真っ白な髪の毛を象徴として頭に乗せ、長寿を願います。
髪置は、子供の健やかな成長と長寿を祈る重要な儀式です。

*5歳

5歳での「袴着」は、男の子が少年へと成長する節目とされています。
この儀式が広まった平安時代では、宮中で始まり、次第に武家や庶民にも広まりました。
袴着を経て、男の子は羽織袴を着用するようになります。
この儀式は、男の子が社会で一人前と認められる第一歩とされています。

*7歳

7歳での「帯解き」は、女の子が大人の女性へと一歩を踏み出す儀式です。
この儀式は、鎌倉時代から存在し、女の子が初めて大人の装いである丸帯をつけていました。
帯解きを経て、女の子は社会から大人として認められます。
そのため、帯解きは、女の子が成長し、社会で一人前とされる大切な節目です。

□まとめ

七五三は、単なるお祝い以上に、日本の深い歴史と文化が息づいています。
各年齢での特別な儀式は、子供たちの成長と健康を祈る親の願いが込められています。
日本の美しい文化として、これからも大切にしていきたいものですね。
そんな七五三で着用する衣装のレンタルを検討されている方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です