訪問着で扇子は必要?扇子を使うときのマナーと一緒にご紹介!

訪問着を着用する際は、いくつかのマナーを把握しておきたいものです。
仮に、マナー違反に該当する行為をしてしまうと、結婚式や入学式の雰囲気が少し乱れてしまうこともあります。
そこで、今回は訪問着を着用する際は、扇子が必要なのかどうかと、扇子を使用する際のマナーについてご紹介します。

□訪問着の必需品とは?

訪問着を着用する場合は、扇子が必要な場合があります。
訪問着を着用する際の扇子は「末広」とも呼ばれており、末広には、「末が広がる」という意味が含まれています。
そのように、非常に縁起の良いものとして認識されているため、「祝儀扇」とも呼ばれています。
また、末広にはいくつかの柄があり、男性用と女性用に分かれているため、間違えないことに注意が必要です。
具体的には、女性用の末広の骨部分は漆塗りで地紙が金色か銀色であり、男性用の骨部分は竹で地紙が白色です。

□扇子を使用するときのマナーとは?

末広と呼ばれる扇子を使用する際は、以下のマナーを把握しておきましょう。

*挿し方に関するマナー

扇子は、着物の帯と帯揚げの間に差し込んでおくことが1つのマナーとしてありますが、指し方に関してもいくつかのルールがあります。

1.開く方を上にする
2.金色が表になるように差し込む
3.自分から見て左側に差し込む
4.帯と帯揚げの間に差し込む
5.帯からは2~3センチメートルほど出すように差し込む

よくある間違いとして、扇子を着物と帯揚げの間に差し込むことがあります。
その行為は、マナー違反に該当するため、事前に把握しておきましょう。

*持ち方に関するマナー

1.右手で根元を持つ
2.帯の前で漆塗り部分に人差し指を添わせる
3.人差し指以外の4本の指で胴を包み込むように囲む
4.左手は扇子の下から軽く添える

*逆に絶対にしてはいけない行為

上記では、マナーについてご紹介しましたが、マナーを把握することと同じくらい「マナー違反の行為」を把握することも大切です。
扇子を使用する際に、絶対にしてはいけないことは、「扇子を広げてあおぐこと」です。
当然ながら、日常においては、扇子であおぐことは何の問題もありません。
ただ、相手への礼を示すために使用する末広の用途を考えると、扇子を広げてあおぐことはマナー違反に該当します。
例えば、結婚式で着物と一緒に末広を着用する際は、上記のマナー違反行為に注意することが必要です。

□まとめ

今回は、訪問着で扇子は必要かどうかや、扇子を使う時のマナーについてご紹介しました。
訪問着を着用する際は、末広と呼ばれる扇子を身に着けることがマナーとされています。
また、扇子の使い方や持ち方にはいくつかのマナーがあるため、事前に把握しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です