お宮参りを行うタイミングはずらしても良い?ベストなタイミングでお宮参りをしよう!

「お宮参りをすべき時期があると聞いたことがあるけどいつ頃が良いのだろう」
このような疑問をお持ちの方は多いかもしれません。
実は、「このタイミングでお宮参りをすべきだ」というしきたりが存在します。
今回は、お宮参りを行うタイミングやお見積りのタイミングはずらしても良いのかどうかについて解説します。

□お宮参りを行うタイミングはいつ?

結論から申しあげますと、生後1か月ごろにお宮参りを行うことが一般的です。
「なぜ1か月ごろにお宮参りを行うのか」については諸説があり、地域によってさまざまなしきたりがあります。

*男女での違い

実は、お宮参りを行う日は、厳密には男の子と女の子で異なると言われています。
具体的には、男の子の場合は、生後から30~32日目に、女の子の場合は、男の子よりも1日遅れた31~33日目に行うという伝統があります。
「伝統をどれほど重んじるのか」については、ご家庭によって異なるため、事前にお宮参りをする日程を決めておくと良いでしょう。

*地域による違い

地域によって、お宮参りのタイミングに関する伝統やしきたりは異なります。
そのため、事前に地域のしきたりについて調べておくと安心です。
例えば、北海道地方のような豪雪地帯では、赤ちゃんの寒さによる負担を軽減するために、気候が暖かくなってからお宮参りをするしきたりがあります。

□お宮参りを行うベストなタイミングをご紹介!

上記では、お宮参りのタイミングに関するしきたりに関してご紹介しましたが、ベストなタイミングでお宮参りをすることが大切です。
ベストなタイミングとは、ご家庭によって異なります。
例えば、しきたりを重視したいご家庭は、伝統に従って、男の子の場合は生後30~32日目、女の子の場合は生後31~33日目に参拝すると良いでしょう。
また、必ずしもしきたりを重視したいわけではない場合は、お食い初めと同時にお宮参りをしたり、ご兄弟やご姉妹の七五三のタイミングとあわせてお宮参りをしたりすることも可能です。

つまり、お宮参りのベストなタイミングはご家庭によって異なるため、必ずしきたりに従わないといけないというわけではありません。
様々な事情があると思いますので、ご家庭の状況にあったタイミングでお宮参りをすることがおすすめです。

□まとめ

今回は、お宮参りのベストなタイミングについてご紹介しました。
お宮参りのタイミングとして、産後1か月程度頃に参拝をするというしきたりがあります。
ただ、必ずしもそのしきたりに従わないといけないわけではないため、ご家庭の状況にあったタイミングでお宮参りをすることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です