訪問着の末広の色は決まっている?末広の使い方とともにご紹介!

訪問着を着用する際は、末広の色に気を付けましょう。
実は、末広の色には決まりがあります。
今回は、訪問着の末広の色は決まっているのかどうかと、末広の使用方法を紹介します。
フォーマルな場面で訪問着を着用する際は、ぜひ事前にマナーを把握しておきましょう。

□末広の色は決まっている?

前提として、黒留袖の帯に挿してある扇子のことを末広と呼びます。
また、末広には、「末を広げる」という意味や「相手にお礼を示す」という意味が含まれています。
そのような末広を使用する際は、色選びに間違ってはいけません。
実は、末広には男性用と女性用に分かれています。

具体的には、女性用の末広の柄は地紙に金色や銀色が使用されており、男性用の地紙には白色が使用されています。
そのため、「末広の色は決まっているのか」という疑問に対しては、「女性は金色や銀色、男性は白色である」という決まりがあるという回答ができます。

□末広の使い方をご紹介!

基本的に、末広は黒留袖の帯と帯揚げの間に挿し込んでおきます。
その挿し方には、以下のようなポイントがあるため、事前に把握しておきましょう。

1.金色が前に見えるように挿す
2.帯から2~3センチメートルほど出るように挿す
3.末広を挿す場所は自分から見て左側にする
4.末広の一番上の部分を少し右胸側に倒す

挿し方1つとっても、上記のようなマナーがあるため、必ずマナーを守る形で挿しておきましょう。

また、使い方に関しても、大きな注意点があります。
それは、末広を「広げてあおがない」ということです。
末広は、あくまでも相手に対する礼を示すための扇子であるため、広げてあおぐことはマナー違反に該当するため、注意が必要です。
マナー違反行為をして、周りの雰囲気を乱してしまわないように気を付けましょう。

末広は基本的には帯と帯揚げの間に差し込んでおくものですが、挨拶をする際は手に持つことになります。
末広を手に持つ際は、開かずに右手に持ち、右手を上にし、左手を下にする形で、末広を受けるように持つことがマナーです。
末広には、儀礼的な意味合いが込められているため、上記のような正しい使い方を心がけることが大切です。

□まとめ

今回は、訪問着の末広の色は決まっているのかどうかについて、末広の使い方と併せて紹介しました。
末広の色は、女性は金色や銀色、男性は白色と決まっています。
また、色だけでなく、使い方にも決まりがあるため、ぜひマナーとして把握しておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です