カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
夏用素材 絽の夏用生地で涼感お宮参り
【夏のお宮参り用】 絽の夏用生地で涼感お宮参り用女の子産着初着 ボタニカルラベンダー色 安心の東レ・セオα素材
8,800円
88 ポイント還元
在庫 2
購入数

OMYA-18
【夏のお宮参り用】 絽の夏用生地で涼感お宮参り用女の子産着初着 ボタニカルラベンダー色 安心の東レ・セオα素材
8,800円
88 ポイント還元

こちらは夏のお着物生地を使用しておりますので、涼やかにお宮参り詣でにお出かけできます。

手描きボタニカルデザイン・ラベンダー色の祝着です。艶やかに描き込まれとても可愛らしいニュアンスです。

素材:東レ セオα絽生地
※帽子・衿飾りスタイセットで一緒にお届けなので到着後すぐにお召しいただけます。
抗菌クリーニング済み

「クールでドライな素材」の東レ・セオαを使用しているので、
汗をサッと吸い取り、素早く発散。爽やかな肌触りです。



------------------
お宮参りについて
------------------
お宮参りの赤ちゃんの服装は、和装なら白羽二重(しろはぶたえ)、洋装ならセレモニードレスを内着として着用します。同時に、大きめのよだれかけやかわいい帽子を一緒につけます。そのうえから「祝い着(産着・初着)」と呼ばれる華やかな着物をまとうのが一般的な方法です。内着が洋装でも、和装の掛け着を使うのが最近の主流です。

お宮参りを執り行うのは、男児は生後30〜32日目、女児は生後31〜33日目が一般的です。この時期の赤ちゃんは、まだ生後1ヶ月の健診を終えたばかりがほとんど。外気浴を始めたばかりで、本格的な外出が初めてという場合もあります。

帽子で紫外線から赤ちゃんの肌を守る
季節によっては日差しが強いこともあるので、帽子で紫外線から守ってあげるといいでしょう。授乳後に吐き戻すことも多い時期なので、祝い着が汚れないよう、よだれかけもあると安心です。

よだれかけは写真映えの効果も
お宮参り用のよだれかけは、通常のよりサイズが大きいものが多いです。広くカバーできるだけでなく、顔周りが華やかになるため、記念撮影時に写真映えもUP!!
この商品を購入する